supercluster

About supercluster

This author has not yet filled in any details.
So far supercluster has created 103 entries.

平成29年度 京都地域スーパークラスタープログラム
「第2回 回路・システム研究開発グループ研究会-高周波スイッチング回路技術開発とその応用-」開催のご案内

 (公財)京都高度技術研究所は京都府、京都市とともに国立研究開発法人科学技術振興機構の委託事業「研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)」に採択され、平成25年12月よりパワーエレクトロニクスの技術革新により新産業創出への貢献を目指す「クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築」を実施しています。
 本プログラムの研究開発グループの一つ、「回路・システム研究開発グループ」では、①高周波スイッチング回路技術開発とその応用、②SiC(シリコンカーバイド)パワーモジュール技術開発とその応用の2本柱のもと、大学を中心とする先行技術開発と産学連携による応用開発を組み合わせて、SiCを中心とした次世代パワーエレクトロニクス技術の開発に取り組んでいます。当グループでは本プログラム最終年度にあたり、2回に分けて研究開発の成果を発表し、SiCパワーデバイスの社会実装加速にむけて議論いただく機会を設けることとしました。
 8月8日開催の第1回に続き、第2回として「高周波スイッチング回路技術開発とその応用」についての研究会を開催致します。SiC応用製品の研究開発、あるいはSiCパワーモジュール関連製品の研究開発にご関心をお持ちの幅広い分野の方々のご参加をお待ちしています。

日時
平成29年11月8日(水) 13:30~17:00 (13:00受付開始)

会場
京都リサーチパーク 西地区 4号館2階 ルーム1
(京都市下京区中堂寺粟田町93番地)
http://www.krp.co.jp/access/

プログラム
13:30~13:35  開会挨拶

13:35~14:20
「高周波スイッチング応用」
引原 隆士 氏(京都大学大学院工学研究科 教授)
奥田 貴史 氏(京都大学大学院工学研究科 助教)

14:20~14:50
「高周波ゲートドライバの開発」
小林 和淑 氏(京都工芸繊維大学 電気電子工学系 教授)
古田 潤 氏(京都工芸繊維大学 電気電子工学系 助教)

14:50~15:20
「デバイスモデル/回路解析」
佐藤 高史 氏(京都大学大学院情報学研究科 教授)
新谷 道広 氏(奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教)

15:20~15:30  休憩

15:30~16:00
「電力パケット化装置開発」
高橋 亮 氏(愛知工科大学 工学部 准教授)

16:00~16:30
「電力パケット配送プロトコルの設計と実装」
岡部 寿男 氏(京都大学 学術情報メディアセンター 教授)
中野 博樹 氏(京都大学 学術情報メディアセンター 博士課程)

16:30~16:55  ディスカッション

16:55~17:00
まとめ
引原 隆士 氏(京都大学大学院工学研究科 教授)

参加費
無料

定員
100名(事前申込制・先着順)

主催
京都府、京都市、公益財団法人京都高度技術研究所

後援
国立研究開発法人科学技術振興機構

申込方法
・Webの場合
参加申込フォームに必要事項をご記入のうえお申し込みください。
参加申込フォームはこちら

・FAXの場合
案内チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入のうえFAXにてお申込みください。
※案内チラシはこちらからダウンロードできます。
ダウンロード

申込締切
平成29年10月31日(火)

問合せ先
(公財)京都高度技術研究所 スーパークラスター事業推進部
TEL:075-366-5269 FAX:075-366-5341
E-mail:sc_gr[at]astem.or.jp
※メールアドレスの[at]を半角@マークに代えて送信してください。

 

9月 20th, 2017|お知らせ|

京都地域スーパークラスタープログラム
平成29年度「社会人パワーエレクトロニクス講座(実践応用編)」受講生募集のお知らせ

 (公財)京都高度技術研究所は京都府、京都市とともに研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)(国立研究開発法人科学技術振興機構委託)に採択され平成25年12月より、SiC技術ならびに周辺技術の研究開発と製品化社会実装を促進し、低環境負荷社会の実現に寄与するとともに、パワーエレクトロニクスの技術革新により新産業創出への貢献を目指す「クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築」を実施しております。
 本プログラムの一環として、実践応用編では本プログラムへの関心を深めていただくとともに、パワーエレクトロニクスの実用に際して直面するであろう諸問題に対して、現場のニーズも取り込みながら、解決の糸口を見出す基礎知識を構築することを目的として開催いたします。
 皆様の現在の、また、これからの仕事に活かしていただくことを期待し、ご参加をお待ちしております。

■日時・内容:全6回講座

第1回:平成29年10月27日(金)13:30~17:00

講師:蛯原 義雄 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 准教授)

制御工学の基礎90分
フィードバック制御の基礎理論に関して、伝達関数、ブロック線図、過渡応答、周波数応答、安定判別法などを中心に概説する。

パワーエレクトロニクス制御90分
PID制御の基本事項を解説するとともに、簡易なDC/DC変換回路の制御への応用を通して実際の制御系設計の手順を説明する。

第2回:平成29年11月14日(火)13:30~17:00

講師:木村 真之 氏(京都大学国際高等教育院 特定講師)

電力変換用スイッチング回路技術(基礎編)90分
電力変換を目的としたスイッチング回路の基本と、実際の応用例を学ぶ。

電力変換用スイッチング回路技術(応用編)90分
ソフトスイッチングによる電力変換の基礎理論と回路設計について学ぶ。

第3回:平成29年11月30日(木)13:30~17:00

講師:豊田 啓孝 氏(岡山大学大学院自然科学研究科 教授)

EMC設計(1-1)90分
ノイズ問題の原因の一つである回路の共振や寄生インピーダンスとの関係について説明する。

EMC設計(1-2)90分
高周波化に伴う伝送線路としての取り扱いと構造による共振、さらに、モード変換のメカニズムと等価回路表現について説明する。

第4回:平成29年12月14日(木)13:30~17:00

講師:松嶋 徹 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 助教)

EMC設計(2-1)90分
プリント回路基板からのコモンモード電流による不要電磁放射発生メカニズムを説明し、低減設計法について紹介する。

EMC設計(2-2)90分
電力変換回路の寄生結合によるコモンモードノイズ発生メカニズムを説明し、インピーダンスバランスに着目した抑制手法を紹介する。

第5回:平成30年 1月 12日(金)13:30~17:00

講師:中村 武恒 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 特定教授)

回転機(基礎編)90分
電気・機械エネルギー変換の原理から出発し、各種回転機に展開するための考え方を説明する。また、回転機の特性を理解するための評価方法を概説する。

回転機(応用編)90分
回転機の特性を等価回路や電圧方程式で説明する方法と、それを利用した可変速制御技術を説明する。また、最新のトピックについても紹介する。

第6回:平成30年 1月22日(月)13:30~17:00

講師:中尾 一成 氏(福井工業大学 工学部電気電子工学科 教授)

サーマルマネジメント(基礎知識)90分
パワーエレクトロ二クスシステムにおいては冷却や熱的信頼性を考慮したサーマルマネジメントが重要である。それに必要な伝熱工学の基礎(伝熱三形態)について学ぶ。

サーマルマネジメント(パワーエレクトロニクスシステムへの適用事例)90分
実際に、パワーエレクトロニクスシステムに適用されているサーマルマネジメントの事例について、先の講義と関連付けて解説する。

■会場
京都高度技術研究所 10階プレゼンテーションルーム(京都市下京区中堂寺南町134番地)

アクセス

■募集人数
20名(各回ごとの参加が可能です。)
※EMC設計1、EMC設計2は連続講座となります。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■参加対象希望者
大学等において電気工学を学ばれ、また、これからパワーエレクトロニクス分野に参入される予定の方、現在パワーエレクトロニクス分野に取り組んでおり基礎を見直しされたい方など

■参加費
無料

■申込方法
参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、お申込みください。
参加申込フォームはこちら

■問合せ先
(公財)京都高度技術研究所 スーパークラスター事業推進部
TEL : 075-366-5269
E-mail : sc_gr[at]astem.or.jp ※[at]を@に変えて送信してください。

9月 15th, 2017|お知らせ|

「CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン 2017)」に出展します

「CEATEC JAPAN 2017」は、「つながる社会、共創造」をテーマとし、新たな産業革命と言えるデータ駆動型、また情報活用型社会到来に向けたモノ・サービス・テクノロジ―を一堂に会し、新たなビジネスの創出と先進的技術および情報の交流、社会的課題の解決策の提案を行い、一層の産業の発展と生活の向上および社会への貢献を促すことを開催の主旨とした、日本最大級の展示会です。

京都地域スーパークラスタープログラムでは、この展示会のデバイス・ソフトウエアエリアに、SiCパワーデバイスの社会実装に向けた研究開発の成果を展示いたします。ぜひご来場ください。

日時
2017年10月3日(火)~10月6日(金)
10:00~17:00

会場
幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
https://www.m-messe.co.jp/

主催
CEATEC JAPAN 実施協議会
 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

入場料
全来場者登録入場制
 ・Web事前登録、招待券当日登録:入場無料
 ・当日登録:入場料 一般1,000円・学生500円

※事前登録および詳細は「CEATEC JAPAN 2017」のホームページをご覧ください。
http://www.ceatec.com/ja/

展示団体と
展示タイトル
・(公財)京都高度技術研究所
  SiCパワーデバイスによる高効率エネルギー利用システムの構築

・(株)栗田製作所
  液中プラズマ技術

・日新技研(株)
  SiCモジュール搭載高周波電源

・京都電機器(株)
  SiC搭載の高効率直流電源、スパッタリング用DCパルス電源

・長野地域サテライトクラスター
  磁性デバイスシステム、光プローブ電流センサ

 

9月 14th, 2017|お知らせ|

「京都地域スーパークラスタープログラム~産産学連携SiCフォーラム~」を開催しました

京都地域スーパークラスタープログラムの研究開発グループの一つ、「産産学連携実装化推進研究開発グループ」では、次世代パワーエレクトロニクスの担い手であるSiC(シリコンカーバイド)デバイス搭載による先進的高機能な製品開発を目指し、地域の特長ある製品開発型中小企業が参画し、開発・試作から製品化に至までの立ち上げを産産学連携により推進しています。
今回、本プログラムの最終年度にあたり、その成果事例を紹介するフォーラムを平成29年8月2日(水)に京都リサーチパーク4号館ルーム1において開催しました。
当日は、京都リサーチパーク株式会社主催「KRP-WEEK2017」のイベントも多数開催された中で、SiCパワーデバイス・パワーモジュール関連製品に興味のある多数の方々に来場いただき、参加者と講演者が一体となった熱気に包まれたフォーラムとなりました。参加者のアンケートでも満足度96%と大変好評な結果でした。
また、休憩時間と講演終了後のポスター展示では、参加者と講演者とで活発な議論がなされました。
今後も、今回のような機会を含め本プログラム成果のアピールを図っていきます。

 
<当日の発表テーマと発表者>
・「京都地域スーパークラスタープログラムの概要」
  西本 清一 氏(京都地域スーパークラスタープログラム 代表研究統括)
・「SiCパワーデバイスの産産学連携による社会実装の拡大」
  中村 孝 氏(産産学連携実装化推進研究開発グループリーダー/
       ローム株式会社 研究開発部 主席研究員)

【産産学連携成果事例】
・「SiC搭載マイクロスマートグリッドシステムの市場拡大に向けて」
  今井 尊史 氏(株式会社アイケイエス 代表取締役社長)
・「X線発生装置用SiC電源の開発」
  勝部 祐一 氏(株式会社近畿レントゲン工業社 取締役)
・「高電圧パルス電源へのSiCパワーデバイス応用の実例」
  小山 敦 氏(株式会社竹中製作所 電子機器事業部 開発部)
・「SiCが拓く、ナノパルスプラズマ化学反応場」
  西村 芳実 氏(株式会社栗田製作所 開発顧問)

 

9月 1st, 2017|事業報告|

「第1回 回路・システム研究開発グループ研究会-SiCパワーモジュール技術開発とその応用-」を開催しました

京都地域スーパークラスタープログラムの研究開発グループの一つ、「回路・システム研究開発グループ」では、本プログラム最終年度にあたり、SiC(シリコンカーバイド)パワーデバイスの社会実装加速にむけた2回の研究会開催を計画し、その第1回を平成29年8月8日(火)に京都リサーチパーク4号館ルーム1において「SiCパワーモジュール技術開発とその応用」と題して開催しました。
当日は、西本清一代表研究統括の開会挨拶の後、大学・公設試験研究機関から3件、参画企業から2件の研究発表があり、参加者(一般参加者80名、関係者24名)は真剣に発表内容に聞き入っていました。
また、全ての研究発表終了後、座長の大阪大学 舟木剛教授の進行によるディスカッションが行われ、SiCパワーデバイスの接合技術、放熱・冷却、スナバコンデンサ等に関する活発な議論が行われ、好評のうちに終了しました。
第2回は平成29年11月8日(水)に「高周波スイッチング回路技術開発とその応用」と題して開催予定です。
 
<当日の発表テーマと発表者>
1.「パワーモジュール開発・応用」
  舟木 剛氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)
2.「モーター制御応用」
  柿ヶ野 浩明氏(立命館大学理工学部 准教授)
3.「SiCパワーデバイス実装基盤技術の高度化」
  永山 富男氏(地方独立行政法人京都市産業技術研究所 研究部長 研究主幹)
  塩見 昌平氏 (地方独立行政法人京都市産業技術研究所 金属系チーム 次席研究員)
4.「高速スイッチング動作におけるスナバ回路の有効性」
  西山 茂紀氏(株式会社村田製作所 第2コンデンサ事業部 エキスパート)
5.「パワーモジュール用セラミック多層基板の開発」
  郡山 慎一氏(京セラ株式会社 半導体部品セラミック材料事業本部
        セラミックパッケージ3事業部 AMB製法開発班責任者)

 

 

8月 28th, 2017|事業報告|

京都市産業技術研究所 平成29年度 SiCセミナー
長野県テクノ財団 平成29年度 第2回 SiCパワーエレクトロニクス研究会
「SiCパワーデバイスの未来を拓くサポート技術開発」のご案内

(地独)京都市産業技術研究所と(公財)長野県テクノ財団は,スーパークラスタープログラムにおいて広域的に連携し,SiCパワーデバイスの技術開発に取り組んでいます。
大学や公的研究機関,企業との研究技術マッチングによって開発された成果を速やかに産業に波及し、イノベーションにつなげることを目的として連携セミナーを開催いたします。

8月 16th, 2017|ニュース|

「JSTフェア2017-科学技術による未来の産業創造展-」に出展します

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催の「JSTフェア2017」は、未来の産業創造を目指した、研究開発成果が一堂に会する展示会です。京都地域スーパークラスタープログラムでは、SiCパワーデバイスの社会実装に向けた研究開発の成果を展示いたします。
パネル、試作品、製品の展示以外に実演もございますので、ぜひご来場ください。

8月 16th, 2017|お知らせ|

京都府中小企業技術センター 主催
「中小企業SiCパワーデバイス活用研究会 第1回SiC基礎セミナー」のご案内

近年、電力変換や制御を行う半導体(パワーデバイス)材料には、従来のSi(シリコン)に代わりSiC(シリコンカーバイド)を活用した、より省エネ型の高効率エネルギー利用システム構築に注目が集まっており、京都においても、国立研究開発法人科学技術振興機構の公募事業に採択された「スーパークラスタープログラム(クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築)」が推進されているところです。
このような中、京都府中小企業技術センターにおいても、このプロジェクトと連動し、低環境負荷社会の実現、地域企業の活性化と地域産業の振興に寄与することを目的とする「中小企業SiCパワーデバイス活用研究会」を設立しており、その一環として「第1回SiC基礎セミナー」を開催いたします。

※セミナーの詳細、申込方法等は、京都府中小企業技術センターのホームページをご確認ください。

中小企業SiCパワーデバイス活用研究会 第1回SiC基礎セミナー[9月1日(金)]

8月 7th, 2017|お知らせ|

公益財団法人長野県テクノ財団 主催
平成29年度 第1回「SiCパワーエレクトロニクス研究会」のご案内

平成25年度にスタートした「スーパークラスタープログラム」は最終年度を迎えました。平成29年度初回の「SiCパワーエレクトロニクス研究会」では「京都地域※」「愛知地域※」のこれまでの活動成果と最終年度の取組みについてご紹介いたします。
また、パナソニック株式会社AIS社パワエレ事業推進室担当部長の高橋 理氏に、「ワイドバンドギャップパワー半導体デバイスの最新技術」と題して同社に於けるGaN、SiCパワーデバイスの開発状況とアプリケーション事例についてご講演をいただきます。
WBGパワーデバイスやその周辺機器、部材などに関心をお持ちの方ならどなたでも参加出来ますので、産業界をはじめとする幅広い分野の皆様のご参加をお待ちしております。

※ 京都地域スーパークラスタープログラムでは、京都コアクラスターと長野サテライトクラスターが連携して、革新的SiCパワーデバイスの社会実装を推進し、エネルギーを無駄なく利用するシステムの構築により、環境負荷が少なく、高効率で快適な社会の実現を目指しています。
また、愛知地域スーパークラスタープログラムでは、愛知コアクラスターと長野サテライトクラスターが連携して、SiC高品質化のため、新たな結晶成長法として溶液法に取り組み、低コストで欠陥の少ない結晶成長を目指しています。

※お申込み・詳細、お問合せはこちらから
http://www.tech.or.jp/head-office/seminar/cat2/sic/292/

7月 4th, 2017|お知らせ|

「京都地域スーパークラスタープログラム~産産学連携SiCフォーラム~」開催のご案内

(公財)京都高度技術研究所は京都府、京都市とともに国立研究開発法人科学技術振興機構の委託事業「研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)」に採択され、平成25年12月よりパワーエレクトロニクスの技術革新により新産業創出への貢献を目指す「クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築」を実施しています。
本プログラムの研究開発グループの一つ、「産産学連携実装化推進研究開発グループ」では、次世代パワーエレクトロニクスの担い手であるSiC(シリコンカーバイド)デバイス搭載による先進的高機能な製品開発を目指し、地域の特長ある製品開発型中小企業が参画、試作から製品化に至るまでの立ち上げを産産学連携により促進しています。この度、本プログラムの最終年度にあたり、その成果事例を紹介するフォーラムを開催いたします。
SiCを採用した各種電源等の応用製品の研究開発、あるいは次世代パワーモジュール関連製品の研究開発及び商品化等にご関心をお持ちの幅広い分野の方々のご参加をお待ちしています。

6月 26th, 2017|ニュース|