京都地域スーパークラスタープログラムの研究開発グループの一つ、「産産学連携実装化推進研究開発グループ」では、次世代パワーエレクトロニクスの担い手であるSiC(シリコンカーバイド)デバイス搭載による先進的高機能な製品開発を目指し、地域の特長ある製品開発型中小企業が参画し、開発・試作から製品化に至までの立ち上げを産産学連携により推進しています。
今回、本プログラムの最終年度にあたり、その成果事例を紹介するフォーラムを平成29年8月2日(水)に京都リサーチパーク4号館ルーム1において開催しました。
当日は、京都リサーチパーク株式会社主催「KRP-WEEK2017」のイベントも多数開催された中で、SiCパワーデバイス・パワーモジュール関連製品に興味のある多数の方々に来場いただき、参加者と講演者が一体となった熱気に包まれたフォーラムとなりました。参加者のアンケートでも満足度96%と大変好評な結果でした。
また、休憩時間と講演終了後のポスター展示では、参加者と講演者とで活発な議論がなされました。
今後も、今回のような機会を含め本プログラム成果のアピールを図っていきます。

 
<当日の発表テーマと発表者>
・「京都地域スーパークラスタープログラムの概要」
  西本 清一 氏(京都地域スーパークラスタープログラム 代表研究統括)
・「SiCパワーデバイスの産産学連携による社会実装の拡大」
  中村 孝 氏(産産学連携実装化推進研究開発グループリーダー/
       ローム株式会社 研究開発部 主席研究員)

【産産学連携成果事例】
・「SiC搭載マイクロスマートグリッドシステムの市場拡大に向けて」
  今井 尊史 氏(株式会社アイケイエス 代表取締役社長)
・「X線発生装置用SiC電源の開発」
  勝部 祐一 氏(株式会社近畿レントゲン工業社 取締役)
・「高電圧パルス電源へのSiCパワーデバイス応用の実例」
  小山 敦 氏(株式会社竹中製作所 電子機器事業部 開発部)
・「SiCが拓く、ナノパルスプラズマ化学反応場」
  西村 芳実 氏(株式会社栗田製作所 開発顧問)