JST委託事業「研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)」に参画するサテライトクラスター滋賀では、長野、福井のサテライトクラスターと共にコアクラスター京都とスーパークラスターを形成し、新規パワーデバイス活用による高効率な電力変換・蓄電制御と災害時に利用可能な自立電源の実現に向けて研究開発を進めています。
このたび、平成28年10月19日(水)~10月21日(金)に開催される「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」において、サテライトクラスター滋賀が進める、電力変換デバイスや蓄電制御を含めて総合的に太陽光発電を高効率化する技術開発、災害時にも使える軽量ポータブルな自立電源システムの実用化に寄与する太陽電池フィルム化技術開発の成果をご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

日時平成28年10月19日(水)13:30~15:30
会場長浜バイオ大学ドーム セミナー室2
内容スマートコミュニティ形成で、特に自治体での災害時避難場所では電源確保の必要性が高まっています。同時に企業においてもBCPの観点から必要性が高まっております。高効率な可搬型太陽電池、蓄電池、小型高効率な電力変換装置からなる自立発電システムの低コスト化と、非常時対応が可能な蓄電地システムが必須要素となっており、この分野での次世代パワーデバイスSiCの応用の取り組み事例を紹介します。
講師【研究成果報告】
安田昌司 氏(滋賀県立大学 産学連携センター 教授)
奥健夫 氏(滋賀県立大学 工学部 教授)
福井正博 氏(立命館大学 理工学部 教授)
柿ヶ野浩明 氏(立命館大学 理工学部 准教授)

【応用事例発表】
株式会社ニプロン、トランスブート株式会社
定員75名
お申込み以下のサイトより来場登録とセミナー申込をお願いいたします。
https://www.biwako-messe.com/sys/events/view/184
お問い合わせ滋賀県立大学 産学連携センター TEL:0749-28- 8610