(公財)京都高度技術研究所は京都府、京都市とともに研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)(国立研究開発法人科学技術振興機構委託)に採択され平成25年12月1日より、SiC技術ならびに周辺技術の研究開発と製品化社会実装を促進し、低環境負荷社会の実現に寄与するとともに、パワーエレクトロニクスの技術革新により新産業創出への貢献を目指す「クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築」を実施しております。本プログラムの一環として一昨年度より本講座を開催しております。
今年度、本講座の実践応用編では本プログラムへの関心を深めていただくとともに、パワーエレクトロニクスの実用に際して直面するであろう諸問題に対して、現場のニーズも取り込みながら、解決の糸口を見出す基礎知識を構築することを目的として開催いたします。
皆様の現在の、また、これからの仕事に活かしていただくことを期待し、ご参加をお待ちしております。

■日時・内容:全6回講座
第1回: 10月 11日(火)13:30~17:00

講師:豊田 啓孝 氏(岡山大学 大学院自然科学研究科 教授)
EMC設計(1-1) ノイズ問題の原因の一つである回路の共振や寄生インピーダンスとの関係について説明する。
EMC設計(1-2) EMC設計で重要となるノイズ源の等価回路モデル、ならびに、その同定法について説明する。

第2回: 10月25日(火)13:30~16:50

講師:松嶋 徹 氏(京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 助教)
EMC設計(2-1) 不要電磁放射の原因となるコモンモードについて説明し、伝導性や放射性雑音の測定法について紹介する。
EMC設計(2-2) 電力変換器の寄生結合によるコモンモードノイズ発生メカニズムを説明し、その抑制手法を紹介する。

第3回: 11月15日(火)13:30~16:50

講師:三谷 友彦 氏(京都大学 生存圏研究所 生存圏電波応用分野 准教授)
ワイヤレス給電 近年注目を集めている電磁界結合方式を中心としたワイヤレス給電技術の原理、応用例、最新動向について述べる。
参考文献:
篠原、小紫「ワイヤレス給電技術-電磁誘導・共鳴送電からマイクロ波送電まで-」科学情報出版(2013)
マイクロ波送電 遠距離用ワイヤレス給電方式として期待されているマイクロ波送電技術の原理、応用例、最新動向について述べる。
参考文献:
篠原(監修)「宇宙太陽発電」オーム社(2012)

第4回: 11月29日(水)13:30~16:50

講師:蛯原 義雄 氏(京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 准教授)
古典制御工学 フィードバック制御の基礎理論に関して、伝達関数、ブロック線図、過渡応答、周波数応答、安定判別法などを中心に概説する。
参考文献:
荒木「古典制御理論」培風館 (2000)
現代制御工学 現代制御理論の基礎に関して、状態方程式、状態フィードバック、ロバスト制御、LMIを用いた制御系の解析と設計などを中心に概説する。
参考文献:
吉川、井村「現代制御論」コロナ社 (2014)
蛯原「LMIによるシステム制御」森北出版 (2012)

第5回: 12月20日(火)13:30~16:50

講師:中尾 一成 氏(福井工業大学 工学部電子電気工学科 教授)
サーマルマネジメント(基礎知識) パワーエレクトロ二クスにおいては冷却や熱的信頼性を考慮したサーマルマネジメントが重要であり、それに必要な伝熱工学の基礎を学ぶ。
参考文献:
JSME テキストシリーズ「伝熱工学」(2005)
サーマルマネジメント(熱設計事例) 伝熱三形態に関連した演習を行うとともに、サーマルマネジメントにおける実際的な熱設計手法をヒートシンク設計を例に学ぶ。
参考文献:
JSME テキストシリーズ「伝熱工学」(2005)

第6回: 1月10日(火)13:30~16:50

講師:中村 武恒 氏(京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 准教授)
回転機(基礎編) 電気・機械エネルギー変換の原理から出発し、各種回転機に展開するための考え方を説明する。また、回転機の特性を理解するための評価方法を概説する。
参考文献:
野中「電気機器(I)」森北出版(1995)
回転機(応用編) 回転機の特性を等価回路や電圧方程式で説明する方法と、それを利用した可変速制御技術を説明する。また、最新のトピックについても紹介する。
参考文献:
野中「電気機器(II)」森北出版(1995)

■会場
京都高度技術研究所 10階プレゼンテーションルーム 
http://www.astem.or.jp/about/access
     
■募集人数
25名(原則、全回参加が可能な方)
※ 定員になり次第、締め切らせていただきます。
※ 1組織より複数名参加希望の場合には調整させていただくことがあります。

■参加費
無料

■申込方法
参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、お申込みください。

申込受付を終了いたしました。

■問合せ先
公益財団法人京都高度技術研究所 スーパークラスター事業推進部(担当:遠藤、岩城) 
TEL : 075-366-5269
E-mail : sc_gr[at]astem.or.jp
※[at]を@に変えて送信してください。