これからの技術、ビジネスに大きな可能性を秘めている SiCパワーデバイス・モジュールの産業への技術適用の拡大及び社会実装の促進のため、(公財)長野県テクノ財団は「SiCパワーエレクトロニクス研究会」を昨年スタートさせました。 

平成28年度第1回は、「京都地域スーパークラスタープログラム」の活動状況に加え、「愛知地域スーパークラスタープログラム」の活動状況もご紹介します。また、京都コアクラスターの産産学連携実装化推進グループでご活躍されている株式会社栗田製作所 特別顧問の西村芳実氏に「自社製品へのSiC適用事例」についてご講演をいただきます。

SiCデバイスやその周辺機器、部材などに関心をお持ちの方ならどなたでも参加出来ますので、産業界をはじめとする幅広い分野の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時平成28年7月29日(金) 13:30~16:40
会 場信州大学工学部 W2棟101教室(旧総合研究棟1F大会議室) 
内 容【京都地域スーパークラスタープログラム長野サテライトの活動状況報告】
○ 耐熱絶縁材料の開発
  信州大学 繊維学部 教授(長野サテライト研究統括) 村上 泰 氏

○ パワエレ磁性デバイスシステムの開発
  信州大学 工学部 教授 佐藤 敏郎 氏

○ 磁性めっきコイルデバイスの開発
  信州大学 工学部 教授 水野 勉 氏

○ 長野県工業技術総合センターの取り組み
  長野県工業技術総合センター 材料技術部門 金属材料部長 山本 潤一 氏

【愛知地域スーパークラスタープログラム長野サテライトの活動状況報告】
○ 高品質SiC結晶育成
  信州大学 工学部 准教授 太子 敏則 氏

【SiCパワーデバイス適用事例のご紹介】
○ SiCを用いた300kHzパルス電源の社会実装と周辺技術の高度化
   ~SiCを社会普及するためのデバイス活用術~
  株式会社 栗田製作所 特別顧問 西村 芳実 氏 

名刺交換会
信州大学工学部 生協喫茶室「メモリー」 16:45~18:15
定員80名程度
 
参加費無料(名刺交換会出席者は当日3,000円をお支払いください)

※お申込み・詳細、お問合せはこちらから
http://www.tech.or.jp/head-office/seminar/cat1/1-2/