京都地域研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)コアクラスターの回路・システム研究開発グループに参画する大阪大学と、長野サテライトクラスターにてスマートデバイスシステム(回路・センサ)の実装に係る研究開発を実施する信州大学とが連携することにより、本プログラムに関連する研究開発テーマが、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/研究開発項目〔3〕次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発/(1)次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究」に採択されました。

採択テーマ:
<SiC/GaNパワーデバイスMHz帯スイッチングDC-DCコンバータの先導研究>
鉄損と銅損の小さい高周波低損失リアクトル・トランスを開発し、SiCやGaNパワーデバイスの特徴を活かした高効率・小型軽量DC-DCコンバータを開発する。

委託予定先:国立大学法人信州大学、国立大学法人大阪大学

・低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/研究開発項目〔3〕次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発/(1)次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究」に係る実施体制の決定について
http://www.nedo.go.jp/koubo/EF3_100078.html

・ニュースリリース「パワーエレクトロニクス分野の新たな先導研究を開始」
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100397.html