国連の公式協議機関で、世界86か国、1000以上の自治体が加盟し、地球環境問題に取り組む「イクレイ-持続可能性をめざす自治体協議会」。この度、イクレイ東アジア地域理事会の京都市での開催に合わせ、東アジアの自治体関係者、研究者、環境団体等が一堂に会する「パートナーシップによる東アジアの持続可能な低炭素都市づくり」をテーマとした「京都国際環境シンポジウム」が開催されますので、お知らせいたします。

※詳細及びお申し込みについては京都国際環境シンポジウムのホームページをご覧ください。
https://kyoto-ies.jp/

日時平成26年 11月5日(水) 10:00~17:00
場所国立京都国際会館 アネックスホール 他
参加費無料(参加には事前申込が必要です。)
プログラム10:00~10:40 オープニング
主催者挨拶 京都市長・イクレイ東アジア地域理事会議長 門川 大作 氏 他

10:40~12:00 基調講演
「地球温暖化のリスクと人類の選択~IPCCの最新報告から~」
 国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長 
江守 正多 氏

「『東アジア低炭素共同体』構想とその具現化」
 立命館大学政策科学部教授、一般社団法人国際3E研究院院長 
周 瑋生 氏

13:15~15:30 分科会
①産業・技術
「都市の省エネ・創エネ:ニーズとシーズの邂逅からソリューションへ」
 コーディネーター 
京都高度技術研究所理事長、京都大学名誉教授 西本 清一 氏

②市民生活・くらし
「ひろめたい、つなげたい、持続可能で豊かな生活とくらし」
 コーディネーター 
同志社大学政策学部教授 新川 達郎 氏

③教育
「環境教育が生み出し、育む市民の自立性やパートナーシップ」
 コーディネーター 
立命館大学産業社会学部教授 永橋 爲介 氏

④都市づくり
「都市間協働による東アジアの持続可能な低炭素都市づくり」
 コーディネーター 
総合地域環境学研究所教授 村松 伸 氏

15:50~17:00 全体セッション
コーディネーター イクレイ日本理事長 浜中 裕徳 氏
定員オープニング・基調講演および全体セッション 先着1,000名
各分科会 先着約200~400名
申込代表者氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、参加希望プログラム、参加希望人数をご記入の上、往復はがき、FAX、または専用ホームページ(https://kyoto-ies.jp/)からお申し込みください。
※申込締切 平成26年10月28日(火)必着

案内チラシ(PDF/523KB)
申込先・お問合せ先株式会社Jプロデュース内「京都国際環境シンポジウム」事務局
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル6F
TEL:06-4964-8871 FAX:06-4964-8809