~省電力・低環境負荷を兼ね備えた金属の製造方法を実用化~

同志社大学理工学部環境システム学科の盛満正嗣教授の研究グループは、
科学技術振興機構(JST)研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)において、
レアメタルやベースメタルの製造方法として、省電力と低環境負荷を同時に実現できる
革新的な電解採取法を開発し、その核となる電解採取用陽極の事業化と電解採取プラントでの実用化に成功しました。

※詳しくは以下のホームページをご覧ください。

同志社大学 http://www.doshisha.ac.jp/news/2014/0904/news-detail-1836.html
科学技術振興機構(JST)http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140904/index.html